社宅によって実現する最高の職場|快適な業務のために

男性

手軽なレンタルオフィス

事務所

都心の一等地にある賃貸オフィスが人気です。敷金&礼金なしの低料金で短期間から長期間のレンタル利用が可能です。ビジネスの目的に合ったオプションサービスもあるので女性の経営者や新規の個人起業家にも好評です。

More Detail

事務所とその設置

オフィス

新しく事務所を置くときに企業が取りうる方法として、自社所有の建物を用意する方法と賃貸オフィスを活用する方法の大きく2つある。賃貸オフィスでは、初期投資が少ないことや拠点の撤退などの際に比較的行いやすい点でメリットが大きい。

More Detail

初期投資の少ないテナント

オフィス

事業目的のテナント探し

東京で新たに出店をするためのテナント物件を探そうと、不動産業者に物件の紹介を受けようとしている段階の場合もあるでしょう。東京の中心部は不動産価格も上昇しているので、テナントの賃料も上昇しています。業態によっては、今後の契約を交わすテナントの内装を、かなり改装しなければならない場合も出てくるだけに、大がかりな初期投資の必要性もあります。そこで、東京で探すテナント物件を、まずは居抜き物件に絞ってみましょう。同業者が退去した後の物件を、居抜きで契約することができれば、外観などに大がかりな変更をしなくてもいいので、初期投資をかなり抑えることができます。居抜き物件は数が限られますし、立地などの条件面での折り合いもつきにくいことがあります。それでも、事業を始めやすいというメリットがあります。

スムーズに事業を開始する

同業者が退去したした後なら、それほど大がかりな変更を必要としません。それだけでなく、テナントを保有しているオーナーの理解も容易なので、事業目的での使用の契約がしやすくなっています。ただ、以前の事業者がそこから退去したことには、当然何らかの事情があります。事業として成り立つ立地かどうかの見極めは、東京で居抜き物件を借りようとするからには当然必要となってきます。また居抜き物件を狙っているのは、自分だけではないということも念頭にして、行動しなければなりません。他の方が好条件を提示するようなことがあれば、直ちに契約に繋がることもあります。事業目的で借りようとするだけに、慎重さは必要になります。それとともに、思いきった判断もしなければならないタイミングも出てきます。

社宅の物件を探す

快適な環境を実現するためにも、社宅にはこだわるようにしましょう。最近はインターネット上で社宅物件を紹介しているサイトが多くなってきています。多くの企業が社宅物件にはこだわるようになってきているのです。

関西でも店舗開業の主流に

社内

大阪では居抜き店舗で新規開店するオーナーも多いですが、居抜き物件を選ぶ際には、客層を意識するのが安定経営のコツです。また、居抜き店舗は一般の空店舗に比べ、開業資金を抑えることができるので、関西圏でも資金力が乏しいオーナーには、開業の選択肢として常識化しつつあります。

More Detail